fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

既往症のない30代女性が人食いバクテリアで3日でお亡くなりに





結論 
彗星衝突ではなく、感染爆発後のワクチン死の蔓延
ラジカル汚染と相俟ってチェルノブイリエイズの
「静かな死」
これが想定される地球崩壊の道だろう
地殻崩壊の前に起こる

とX=ツイッターに書いて来たら


引用
【拡散】ある地方都市のベテラン看護師さんから届いた衝撃的なメール。
既往症のない30代女性が人食いバクテリアで3日でお亡くなりに。そしてこの看護師さんが💉接種開始以来見てきた異常続きの状況に絶句する。人口密度が低い場所でこれだけの被害。
果たして大都市の病院ではどれほどの事象が起きているのだろうか。

——————

30代の既往症のない女性が数日前に倦怠感があった。その後40℃の高熱が出て呼吸苦が生じたと入院してきました。コロナとインフル検査は陰性でした。
コロナワクチン未接種者は必ずカルテに「未接種」と記載され、一方接種者は何回接種されたかは未記入の病院なので😠、その記載が無かったことから、数回は接種済の方だったと思われます。
エクモは当院にはないのですが、リザーバーマスクで高濃度で酸素投与しても呼吸苦は全く改善されず、入院時の血液培養から劇場型溶連菌、いわゆる人喰いバテリアと呼ばれているものが検出されました。
結局その方はICUで挿管もされましたが、甲斐なく入院3日後に亡くなられました。
その方は入院時、肌の色艶も良く、見た感じは健康そうな方でした。

最近人喰いバテリアにかかる人が増えているというネットニュースを見ましたが、片田舎でもこのように見られるということは、やはりそうなのかなと思います。私はコロナワクチンによる免疫力低下と、普段の食生活の悪さによって引き起こされている事だと考えています。
何れにしても本当に恐ろしい状況になってきたと思っています。

私は長年看護師をしていますが、コロナワクチンが始まってから、これまで見たこともないような疾患、症状、病態ばかりです。
大きい週数の死産、奇形、生まれても赤ちゃんの飲みが悪い、若い妊娠も出来る健康なはずのお母さん達に帯状疱疹、ヘミバリズム。四十代のまだ若い方がどんどんターボ癌にかかり亡くなってゆく。80〜90代のおばあさん達の性器出血。びっこ引きながら歩く職員多数。
看護学生の時にワクチン打たされたナースは徐々に脳梗塞が進み、今は左半身麻痺の状態。ワク3回目の後、真っ赤な血尿が出ているナースもいました。
コロナワクチンが開始された当初、こんな片田舎でもクロイツフェルト・ヤコブ病と診断されてあっという間に亡くなったおじいさんがいた話も聞きました。
皆、コロナワクチンのせいだとは誰も言いません。

「あなたワクチン打ってますか?何回打ちましたか?」と、はっきり問いただす立場にもなく、多分打っているんだろうという予測しかないので、確かな言及も出来ません。とても歯がゆいです。
小林製薬の事も、こんな異常な状態なのに疑問に思わない周りの人間にうんざりします。

少しでも真実が伝わるように、日々微力ではありますが、伝えられそうな患者さんには食の事、これ以上ワクチンは打たないようにという話を伝えています。

華さんはじめ、Xで詳しく発信して下さっている方達には本当に助けられてきました。有り難うございます。
最終更新
午後0:53 · 2024年4月4日
·
243.7万
件の表示

へミバリズムとは? 不随意運動 けいれんのような
















鹿先生の青赤鉛筆
まだ打っていたのか😁

赤鉛筆

創造主「原子力で放射性ラジカル水まんえんで惑星が全滅」「微生物が反電荷右巻きいわゆる癌化で太刀打ちできず」

そこへ、ワクチン打ち過ぎ免疫低下で、極ありきたりのA群溶血性連鎖球菌が劇症型となって
「生きるですって?静かに死んで逝きます、おもに癌ですが」に繋がって来た

チェルノブイリエイズはここにつながっていたのか
宇宙生命論から導き出されたこと






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント