FC2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

ワクチン接種で「過失致死」容疑、イタリアで混乱深まる 2021年3月26日12:05 午後5日前更新



だが深夜2時頃、彼は発作のような症状を示し、すぐに救急車が駆けつけたものの、まもなく亡くなった。
妻によれば、遺族は死亡とワクチン接種のあいだに関連があるのか調べるよう地元の検察官に要請したという

ボノ検察官はただちに過失致死の可能性を調べ始めた。その後、看護師1人と医師2人、さらにはアストラゼネカのイタリアでの責任者を容疑者として指名した。医療関係者3人の名前は発表されていない

ボノ氏によれば、迅速に容疑者を明確にしたことで、容疑者の側でも弁護士を指名して、その後行われる

医療従事者の労働組合は、こうした捜査は医療スタッフを深く動揺させていると話す。医師たちの労働組合ANAAO-ASSOMEDを率いるカルロ・パレルモ氏は、「単に筋肉注射をしているだけだ。どのような副反応が起きようと責任を持つことはできない」と語る

ボノ検察官とは異なり、イタリア北部の街ビエッラのもう1人の検察官は、先週に捜査を開始した時点では容疑者を特定しなかった。57歳の音楽教師サンドロ・トグナッティさんがアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた翌日に亡くなった事件を受けた捜査だ

だが、このテレーザ・カメリオ検察官も、ワクチンの劣化がなかったか確認するための予防的な措置として、トグナッティさんが接種されたものと同じ製造ロットのアストラゼネカ製ワクチン39万3600回分を押収するよう命じている

同社製ワクチンの接種を受けた後で体調が悪化して死亡した50歳の警察官については、シチリア島の都市カタニアの検察官が捜査を開始してから終了するまでに1週間かからなかった

----------------
打ってすぐ40~50代が死んでいる、薬害だろう



日本では、



私がこの二人の医療従事者の女性はワクチン接種が原因で死んだとツイートしていたら
誰かが、ワクチン分科会副反応検討部会のリンクを示して否定的に言ってきた 笑い

新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例の概要

返す刀で詳しく分析してあげた 笑い

こういう資料があるのは当然知っているが、最近はもうバカバカしくて面倒なので自分からは調査には行かない
たまにこうしてワクチン推進派やPCR推進派やコロナ脳が示してくるので
その時にやっとこさ調べることにしている、非常に効率がいい、笑い



今は、ワクチンに関して、もう一度基礎から勉強しなおして知識を増やしてますます真実を暴いておこうと読書をしている。



ワクチンだけではなく、その副作用の発熱を抑えようと飲んだ解熱剤やクスリによって重篤な障害になったという話があったので、詳しく調べようと思った。

インフルエンザ脳症というのは、そういう症病があるのではなく、それはクスリの影響と書いているのを読んで「おお、、そうか」と
スペインかぜアスピリンだけではなく、いろいろなところで出てきているのではということ。

放射能も10年勉強したので、薬害も10年はかかるかも 笑い 途中で死なないように頑張ろう

接種による死亡

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント

ツイッター