fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

原爆敗戦記念日の時期に蘇った鬼畜コロナ 非国民騒動 「何を考えてるんですか?」「さっさと帰ってください!!」「なんでこの時期に東京から来るのですか?」「安全だと言いきれますか??」


「なんでこの時期に東京から来るのですか?」
「何を考えてるんですか?」
「さっさと帰ってください!!」
「皆の迷惑になります」
「安全だと言いきれますか??」


コロナ脳





引用
感染した人が居住地を公表しないことから分かるように、当事者や家族は周りの目に怯えている。心細さに噂が追い打ちをかける。秘密を暴かれるようで、たまらなくつらく、怖い気持ちになる」

辺りは真っ暗。車のライトに照らされる医療従事者は白の防護服の上からさらに医療用のガウンを着ていて、その姿に恐怖を覚えた。検査を受ける家族と生活を共にし、同じ車内で検査を待った自分も、家族が陽性なら感染しているかもしれないという恐さがあった。

 家族は陰性だった






引用
「国境に入る他国人を、各一、検査し、コレラ病あるものは、これを適宜に所置すべきである」とし、「表見、健康の人たりとも、この毒を輸致することあるがゆえに、これを以て、十全の予防法とすること能はず」としている。

コロナの無症状感染者発見の難しさをほうふつとさせる。

の中で、県はコレラを「施用する特効薬あることなし」と表現。一方で、この未知なる病原菌に対する医療従事者の戦いも、文書の中から読み取れる。アヘンや炭酸水などを用いた治療法の記述が見られ、現在のコロナウイルスと同様、現場の最前線で特効薬などを開発しようとする医療従事者の姿と重なる

また、同年10月17日付の「報告第七号」には、9月22日―10月15日までの県内患者数を掲載。総数は490人で、うち一般患者が144人、避病院(伝染病専門病院)の患者は346人。一般患者の内訳は死亡89人、治癒7人、治療中48人。避病院患者は死亡229人、治癒21人、治療中96人

「コレラの流行を契機に、公衆衛生の考えなどが広まり、インフラも整備されていった。社会の弱点をあぶり出し、それに屈することなく先人たちは乗り越えていった。その姿勢には学ぶべきものがある」

コロナ脳は読んだか?なにまだだと
だからダメなんだ




PCR検査で大騒ぎのコロナ脳は論理的必然性で全員がコロナワクチンを飲むこととなる
コロナ懐疑派はコロナ脳がコロッと逝くかどうかを眺めながらそれでも飲まない人が多いと推察される




敗戦記念日にわんさか湧いてきた大本営手下のコロナ脳ども
お盆でご先祖様が連れて行ってくれるものと思う
途中で、三途の川に落ちて溺れるなよ、無事に彼岸へと逝け 合掌
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント