FC2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

2 コメント

「福島県産コシヒカリ」などと偽って他県産の米を販売した →他県産の米などと偽って「福島県産コシヒカリ」を販売した こちらの間違いじゃないか😱









311の放射能汚染から福島県産が避けられていたのに、10年目に入ろうとする今となっていつのまにか福島県産が大人気となっていたとは、これは関西特有の現象なのだろうか?
確かに絶対値は減っているが、関西地元産と比較すれば相対的には10~100倍のセシウムが含まれいるのが事実
一事が万事で野菜や山菜や魚介類にまでリスク許容度が下がりそのうちトリチウム内部被曝も関西で上昇するだろう
震災で家具を固定して少しでも直下地震の被害を防ごうという教訓を忘れて、能天気となっていく関西
これが関東に伝わって、「首都直下地震被災」「首都直下被曝増加」へとつながることが危惧される

「10年目で放射能汚染が逆転して受け止められるとは思いもしなかった」

*関西のバカどもの固有の現象と思いたい


福島県産こしひかり

関連記事
スポンサーサイト



コメント

MORRI 2020/01/20 18:17  編集 URL

寒いですね。

kokikokiyaさん、いつもありがとうございます。
寒さが厳しくなってまいりましたので、
お体お気を付け下さい。

このニュース、私も耳を疑いました。
震災直後は福島産を他県産と偽って売っていた
事件もあったのですが……。

関西は本当に危機感も関心も薄いです。
恥ずかしいですが、被曝を気にしない人は、
もう好きにしてって思います。
kokikokiya 2020/01/21 08:44  編集 URL

Re: 寒いですね。

MORRIさん、やっと風邪が抜けたような気がします。

10年にもなるといつのまにか話がさかさまになるという現象
汚染地の食材が人気となる
関西特有のおバカなお笑い現象なのか

まともな人なら耳を疑ったことと思います。
チェルノブイリでも12年たったころに内部被曝が急増したという記事がありました
油断する頃なのでしょう

非公開コメント

最新記事

最新コメント

ツイッター