fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

原子炉施設等事故時に検出された人工放射性核種の分類 ロシアミサイル核事故の場合


原子炉事故


核分裂生成核種


JCO大気浮遊塵2

土壌2か所にはほとんど出た
出たところもあるし出なかったところもある
La140は出たはずが、検出されていない土壌もあった
この当たりがまさに汚染の不思議
常識なら汚染が蔓延と考えるのが普通の頭だろう😠
JCO土壌2種


核分裂後

--------------

以上、上記をまとめると、放射性核種はゲルマで測定して初めて「出た、出ない」と判断されるが、検出限界以下で「出ない」と言われても理論上は存在する。
大気ダスト、沈着土壌、場所によっても出たり出なかったり、事故直後の測定でも時間経過によって検出されないものもあれば、その後検出となるものもある。

ロシアのベータ線被曝の問題



Sr91、Ba139、Ba140、La140の4種が検出とロシア側は発表した。

ベータ線の被ばくの計算、まずはベータ線の平均エネルギーは



最大エネルギーの1/3を平均エネルギーとみなす、それで計算してもよろしいとゴフマン先生も書いている。
Sr91、Ba139、Ba140、La140の4種とも結構エネルギーが大きい
担ぎ込まれた被災者たちはこれらの核種と通常のヨウ素セシウムに汚染されて「ベータ線振り切れ」だったのだと思う。
治療した医者の体内からはセシウム137が1人から検出となっているのでこれはチェルノブイリ汚染食物が原因、ヨウ素やセシウムは量が少なすぎて、バリウムランタンが見つかるはずだが、Sr91も医者にまでは移行吸引沈着まではしなかったのだと思う。

そして次が「中性子」

中性子生成核種

JCOの中性子
中性子被曝

「爆発が起きた実験は、ロシアで「ブレベストニク」、アメリカでは「スカイフォール」のコードネームで知られる原子力巡航ミサイルに関連するものだったと見られている。事故の状況や影響については、いまだに詳細が明かされていないが、この事故で少なくとも5人が死亡し、6人が負傷した。」

JCOでは臨界核分裂の時間が長かったので中性子がよく検出されているが、ロシアでは極短時間だったので中性子放出量は少なかったと思われる、核分裂生成物は出ているが、キセノンヨウ素セシウムまでは検出されるほどには出なくて、上の4核種だけとなっているのはほぼ正しいのではないか。

ちいさな原爆的中性子発生量ということだろう。

----------------

結論

担ぎ込まれた被災者のベータ線核種はSr91Ba139Ba140La140、これが測定器振り切れ。
中性子は出たにしても少量だった。


この推定が正しいかどうかは今後のロシア側の発表次第、ただ秘密の軍事関連問題なので解明できるかどうかはわからない。
当たらずとも遠からずが私の推測ではないだろうか。


折角詳しく調べていたのでここに記録しておく。

合掌



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント