fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

会津問題解決 会津で18人出た理由

IAEAのところに世界中の福島放出量評価、特にセシウム137とヨウ素131の推定データが出ている(既出)
ここの最高がロシアのヨウ素131で700ペタ、東電500ペタ その他いろいろ100~240とか
チェルノブイリ放出量推定1760ペタベクレル

肝心な米国の福島評価が出ていなかった

ところが
米国ソースターム
アメリカ合衆国原子力規制委員会 放出量推定
私もキュリーをベクレルに換算して確認した

962ペタベクレルでチェルノブイリの半分を超えている、3/13推定、3/17推定と変更していったようだがこの評価がそのままなのかどうかは調べていない。

NRC(米国規制委員会)その下請けのような大気拡散浮遊塵を測定するような研究機関、NARAC https://narac.llnl.gov/
ここを見て驚いた
NARAC4.jpg




いきなり8年も経つのにこの画像が出てくる。

banner4_sm.gif

会津まできっちり濃いプルームが行っているのがよくわかる。

NARAC、DOE/NNSA調査チームが日本を調べて文科省にデータを渡したが、なにか秘密があるのではないか
文科省発表の汚染地図とあまりにも違和感があるので

narac-team.jpg


banner3_sm.gif

NARAC.jpg

NARAC2.jpg

NARAC3.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント