fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

2017年 保養前後の尿測定結果の比較










保養前推定 10歳32kg

総計
総摂取量: 200 Bq
預託実効線量: 2.0 μSv

定常状態では
体内残留量: 10.6 Bq
体重あたり残留量: 0.330 Bq/kg
1年あたり被ばく量: 0.73 μSv/年
尿中濃度: 0.133 Bq/L

体内K-40量: 2.01×10^3 Bq

保養前保養後2


恒常的に食べているからか?舞い上がり再浮遊吸い込みなのか?

































10歳児32Kgの場合

汚染地では食品水牛乳毎日摂取 約0.2ベクレル 再浮遊吸入 約0.02ベクレル
こういうレベルで尿から出てくるのではないか

数値化でみれば「放射線障害」などとても出ないと思いがちだが、「ムラサキツユクサおしべ突然変異」のことを思い出すと、
やはり「放射線管理区域土壌汚染」の心配の種は尽きない。


2017最近



初期被曝に、プラス 分裂活発な細胞に外部内部電離放射線が数電子ボルトでつながった分子を切断

長く住むと問題となるということの原因究明解明が急がれる


デジタルの線量計の数値だけではわからないという最も単純な絵図
pic_ganbaru03.jpg

そういう状態で「OK]と言うな!!!

いまさらながらすべてを見通した完璧な絵だった



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント