fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

昭恵夫人「つらい一年だった」  “PM2.5 乳児の脳に影響のおそれ” ユニセフ報告書

昭恵夫人「つらい一年だった」、ベルギーから勲章授与
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20171208-00000002-jnn-pol
つらい1年

「本当にいろんなことがあったので、、」
人は



“PM2.5 乳児の脳に影響のおそれ” ユニセフ報告書
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171207/k10011249271000.html
引用12月7日 4時37分
ユニセフ=国連児童基金は、大気汚染物質PM2.5が幼い子どもの脳の発達を損ない、生涯にわたって影響が残るおそれがあるとする報告書をまとめ、中でも、汚染がひどく危険にさらされる子どもの数が多いインドなど、南アジア地域に対し早急な対策を呼びかけました。
ユニセフは6日、大気汚染が子どもの脳の発達に及ぼす影響について、報告書を発表しました。

それによりますと、大気汚染物質のPM2.5は、粒子が極めて小さいため、血管を通って脳に到達し、脳細胞の炎症を引き起こしたり神経細胞の伝達に関わる部分を破壊したりして、学習や脳の発達の基礎となる部分を損なうおそれがあるということです。
特に脳が発達段階にある1歳未満の乳児など幼い子どもは影響を受けやすく、PM2.5の影響が生涯にわたって残るおそれがあると指摘しています。

報告書は、WHO=世界保健機関が定めた基準値の6倍以上にのぼる汚染レベルの地域に、現在、世界でおよそ1700万人の乳児が暮らしていると推計していて、このうち7割にあたる1220万人が経済発展が著しいインドなど南アジア地域に集中しているとしています。

ユニセフはこうした地域の国々に対し、汚染濃度が低い時間帯での通学や、機能性の高いマスクの提供、それに学校や病院の近くに汚染源が存在しないよう都市計画を推進することなど、対策を早急に実行するよう呼びかけています。

汚染源











おどろいた

誰もがセシウムボールホットパーティクルが脳に蓄積を連想しているものと思っていたら、誰一人としてつなげて考えている人がいなかった。
オレひとりがツイッターで吼えまくっていた。
あれから7年、もう終わっていた。

多くの人がまともな考えができないのに困り果てていたが、やはり脳蓄積では致し方が無い。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント