fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

「甲状腺ガンは、放射線の影響は考えにくい」というのは、考えにくい その理由は放出量がチェルノブイリの1/3もあるから

原爆と福島とチェルノブイリ

ヨウ素131
チェルノ最高1760 フクシマ160 約1/10 日本政府評価

原爆と福島とチェルノブイリ2

ヨウ素131
チェルノ最高1760 フクシマ500 約1/3  被告人 東電評価

東電評価

「甲状腺ガンは、放射線の影響は考えにくい」というのは、考えにくい
その理由は放出量がチェルノブイリの1/3もあるから
被告人東電推定値のことは誰も言わない
きっと忘れたのかそれともやはりあれかもしれない









それによりますと、大気汚染物質のPM2.5は、粒子が極めて小さいため、血管を通って脳に到達し、脳細胞の炎症を引き起こしたり神経細胞の伝達に関わる部分を破壊したりして、学習や脳の発達の基礎となる部分を損なうおそれがあるということです。
特に脳が発達段階にある1歳未満の乳児など幼い子どもは影響を受けやすく、PM2.5の影響が生涯にわたって残るおそれがあると指摘しています。

頭脳に変化





2011年のマスクが叫ばれていた時代を思い出す

もう忘れたのか?オレはしっかり覚えている


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント