fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

0 コメント

ダウンウィンダーズ(風下の人びと)アメリカ・被ばく者の闘い

ダウンウィンダーズ(風下の人びと)アメリカ・被ばく者の闘い


1ラドは10ミリグレイ よって10ミリシーベルト
赤い最大エリアの甲状腺等価線量推定値が、120ミリ~160ミリシーベルト(累積)地帯

甲状腺被曝
1997年に発行されたアメリカ国立癌研究所,による報告書では、ネバダ核実験場での約90回の大気圏内核実験で、北米大陸の広大な範囲にわたって放射性ヨウ素131(5.5 エクサベクレル)の高いレベル、特に1952年、1953年、1955年、1957年に記録したことを突き止めた。

アメリカ国立癌研究所の報告書は、これらの年に受けた被曝は米国で推定10,000から75,000件の甲状腺癌の発生を増加させるのに十分な量だったと推定している。





甲状腺被曝2
参加するのはネバダ核実験で飛散した放射性降下物によって被ばくした米市民。フクシマ報道に接した住民たちは、被災者を自分に重ね合わせた。自分たちも政府から十分な情報を与えられないまま、被ばくしてしまったからだ。被ばくの影響と疑われる症状に苦しみながら、補償されないまま亡くなる住民も多















------------------------------------

いろいろ能書きを書きすぎて混乱してしまったようだ 要するにビデオを見れば聞けばわかるということ

そして甲状腺等価線量14ミリシーべルト被曝で20年後に甲状腺全摘出にもなりかねんという線量応答


情報量過多につき つづく


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新コメント