FC2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya
おれは、たぬきおやじじゃない 九州男児だ(大分県大分市)

転載はご自由に、すきにして。

良い国作ろう大分県、すべってころんで大分県。

カテゴリ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

4 コメント

関東汚染が意外とひどい理由!

3月20日のニュース 3号機圧力上昇 気体放出へ
引用 3月20日14時50分 NHK
福島第一原子力発電所3号機の原子炉の入った格納容器の圧力が上昇しているため、安全に万全を期すため、容器内の気体を外に放出して圧力を下げることになりました。
経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、この際に放射性物質を含む空気がこれまでよりも外部に多く出ることが考えられ、放射線量が高くなる可能性があるということです。
原子力安全・保安院によりますと、3号機では原子炉を冷やすため、海水を注入する作業を続けていますが、原子炉を覆う格納容器の中の圧力が上昇しているということです。
格納容器は、原子力発電所で事故が起きた際に放射性物質を外に漏れ出ないよう閉じ込める重要な役割を持つ施設で、容器の破損を防ぐため、圧力を下げる作業を行うということです。
原子力安全・保安院によりますと、格納容器の中には放射性物質を含む空気が入っていて、まずは格納容器の圧力を調節するサプレッションプール=圧力抑制室の中の水を通して、放射性物質を減らしてから外に放出する方法を試みるということです。
しかし、この方法で圧力が下がらない場合は直接、外に空気を放出するということで、その際は、外部に出る放射性物質の量が増え、放射線量が高くなる可能性があるということです。
原子力安全・保安院によりますと、空気を直接放出する措置を実際に行えば、今回が初めてで、放射性ヨウ素の放出量がこれまでより増えると予想されるということです。
東京電力の福島事務所によりますと、この措置によって、放水と電源の復旧作業を行っている人たちをいったん退避させてから格納容器の圧力を下げる作業を行うということです。
原子力安全・保安院は、「今回の作業で、外部に放出される放射性物質が増えることになるが、東京電力でも議論した結果、やむをえない判断だということになった」としています。

------------------------------------------------------------

だから3/20からの高濃度汚染も実は格納容器からではなくて、人為的ベントによる高い煙突からの遠距離汚染が原因ではないか!


その理由は、


SCベント不能

水の中を通してウェットウェルベント、S/Cベントを仕掛けたがすでにS/Cは沸騰状態で圧が高く水の中へ通せずにそのまま排気塔から出してしまった。



313SCベント
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120524j0105.pdf


ライブカメラを見ると3/13の蒸気が見えるS/Cベントが最後で、以降まったく煙突から蒸気が見えない。


ライブカメラ3/11~21


3月20日ベント
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu12_j/images/120524j0105.pdf


ベントするたびに、それはドライベントで、すかしっぺ、3/20からは、

おお便を開けっぴろげ!!!


関東汚染などの遠距離汚染は、これが原因だろう。


つまりは、3/15に2号機生蒸気ドライベントも、3/20~のベントもすべてが人為的に行われて広域の東日本が汚染されたのだった。


*ということで以下の説は棄却される。

2011年3月20日、隠蔽された3号機格納容器内爆発
引用
ところが、もっとも重要な放射能汚染は3月21日に起きていることは、あまり一般には知られていません。その汚染源が3月20日-21日にかけての3号機格納容器内爆発であること、それを東電・政府は当然知りながら、隠蔽していること―これがほぼ「事実」であると断定できるだけの判断材料がすでに揃いました。
------------------------------

ライブカメラを見れば分かるように、3号機は3/14 11時01分の水蒸気爆発以降も頻繁に格納容器内爆発を起こしていたのは間違いないが、関東まで汚染した真の原因は大弁からのベントでその後も開けっ放し。

格納容器のすきまから漏れていただけなら周辺域だけで済んだが、配管からのおお弁が開いたままなので高い煙突から

漏れ続けた。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

2014/09/12 00:01  編集 URL

なぬぅぅ

東電めーーー Σ( ̄皿 ̄;;
く、くそーーーぉ

シェアさせて下さい
kokikokiya 2014/09/12 08:38  編集 URL

Re: なぬぅぅ

よろしければご自由にどうぞ。

早い人で2011年から言われてきた「東電全面的人為的汚染拡大説」



ss 2014/09/22 20:06  編集 URL

No title

枝野さんもそんな事言ってますね。
http://www.edano.gr.jp/om/om-info.html#140330
の 東日本大震災から3年~今、改めておもうこと~ という部分。

当日のモニタリングポストが生きてたそうです(!)。
ベントした途端に高濃度の放射線を確認してると言ってます。
kokikokiya 2014/09/22 21:39  編集 URL

Re: No title

NHKスペシャル「メルトダウン File.4 放射能“大量放出”の真相」
http://www.at-douga.com/?p=11050

※ 平成23年3月の空間線量率測定結果
(モニタリングポストから回収されたデータ)
http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/sokutei.html


これでしょうか。

大変重要な情報を教えて頂いて、大変ありがとうございます。


枝野ブタをネット上で徹底批判していたのは私です。
枝野も見てくれていたのかな。

ウェットウェルベントも意味が無かったということを枝野が白状していたのですね。


東日本大震災から3年~今、改めておもうこと~
http://www.edano.gr.jp/om/om-info.html#140330
えだの幸男



非公開コメント

最新記事

最新コメント

ツイッター