fc2ブログ

SSL化に伴いテンプレートを変更しました 10年目ではないか 笑い

放射能はいらない

『推進派はいつも自然も人工も放射線は同じだと言う、【成る程その通りだ。 しかし、問題は放射線ではなく、人工放射性核種は濃縮する事にあったのだ】 』

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

kokikokiya

Author:kokikokiya

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

4 コメント

忍び寄る悪魔のエートス・プロジェクト

<エートス・プロジェクト>を通して国際原子力ロビーは何を目指しているのか?
引用
国際原子力ロビーは福島原発事故の問題を手中に納めるため、日本で本格的に動き出している。この惨事が惨事と認定されないように、原子力産業の発展のくびきとならないようにするためである。昨年から、福島で,東京で,広島で、日本の原子力ロビーやそれに関与している御用学者達が盛んに連動して動き始めていることも周知の通りである。
昨年秋から、<エートス・プロジェクト>などという、倫理性や精神性を包み込む名称をタイトルにして、原子力推進勢力が復興計画を福島で行なおうとしている。この計画の組織者達は何を意図しているのか、数回にわたって検証したい。

その1:日本にも襲いはじめた<エートス>プロジェクトとは何なのか?

まず、バーゼル大学医学部名誉教授ミッシェル・フェルネックスの<エートス・プロジェクト>に関するインタヴュー(ユーチューブ上で公開中:http://youtu.be/2_oKtjnh52c)を見て頂き、そして、彼が2002年、クリラッド(フランスの市民放射能測定所)の機関紙22号に載せた論文「鍵となる嘘 —あるいはいかにチェルノブイリに刻まれた記憶を消し去ること」を合わせて読んで頂いた上で、拙稿に戻って頂こう。
http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr/2012/07/blog-post_16.html

これは絶対我慢して最後まで見て、じいちゃんが悪魔の仕業を暴いている。



要するに悪魔のICRPのロシャールとかいうのがベラルーシで「お前ら逃げずに創意工夫して住め、生活しろ」とそそのかす洗脳軍団エートスを送り込んだ、すっかり洗脳された住人はその後健康被害が増加しただけで、悪魔は資金も機材も人員も引き上げて知らぬ存ぜぬで「チェルノブイリは安心安全だ」と世界に論文、書物をばら撒いたのだと、告発している。

また、ウラディミール・チェルトコフ監督のドキュメンタリー映画「真実はどこに? —放射能汚染を巡って」(ユーチューブ上で公開中:http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI)をまだ見ていない人がいたら,ぜひ見て頂きたい。


福島原発事故が起こってから、国際原子力ロビーは様々なかたちで、この事故の放射能による悪影響を極力少ないものに見せるために、様々な手を打って来ている。目に見えて大きな組織作りの最初は、日本財団[1](これは極右翼でA級戦犯だった笹川良一が創設した笹川財団が発展して改名した同じ財団)が主催して福島で行なわれた「国際専門家会議」である。この会議は参加者の顔ぶれを見るだけでも、まさに国際原子力ロビーと共犯関係にある国連の諸機関(IAEA, WHO, UNSCEAR, ICRPなど)が総動員されている。この中に、本稿の主題である<エートス・プロジェクト>のフランス人責任者ジャック・ロシャールがちゃんと場を確保している。

中略---------

こうした原発事故の後の対応は、たしかに「放射線防護だけでなく精神的、社会的、経済的、政治的、倫理的な面から成る複雑な過程」(ロシャールの説明)だが、何より、健康問題が中心的課題となるべきところ、後者の精神的、社会的、経済的、政治的、倫理的な面に主題がすり替えられている。これらの側面は、実際、福島や周辺県で、真摯に長年に渡って農業や漁業に打ち込んで来た生産者や住民にとって、感じやすい部分であり、また彼らの思いが帰郷、復興、再開に向けて思いが募っているとき、ジャック・ロシャールの語る<住民参加型の復興>の思惑にスッポリと重なるのである。それこそが罠なのだ。原発事故後の様々な健康障害は、実は放射能ではなく、精神ストレス、経済的、社会的な様々な原因によるのであって、放射能によるものではない、というのが国際原子力ロビーの主要な主張なのである。つまり、放射能を免罪すること。これこそが,彼らの目的であり、それは真実を覆い隠すことで成立している戦略なのである。


放射能の健康被害は無視して、それ以外にすりかえてそっとやさしく寄り添う振りをする。

そしてほとぼりさましてバイナラとトンずらするのだろう。

そしてまた論文や書物で福島は安全安心健康被害はなかった、放射能は大して危険ではないのだと世界に広めるのだろう。

いいかげんにせんか、この悪党ども、悪魔め!!!


日本のエートス

ETHOS IN FUKUSHIMA
メンバー
早野、水野、安東、菊池、江川、佐藤順一、野尻、野尻、buvery(こいつだけよくわからん)他賛意を示す輩。


今度よくメンバーを調べてみる。(もうあんまり馬鹿は相手にしたくないが、洗脳信者がむげない)

トンデモねえ野郎どもだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

がじゅまる 2012/07/22 22:08  編集 URL

奢れる者

貴重なビデオと情報、ありがとうございます。

エートスの人々が言うことが正しく、福島や周辺の住民の方に重大な健康被害が出ないのなら、こんなに嬉しいことはありません(決して皮肉な意味ではありません)。

恐ろしいのは放射能が原因ではないという方向に誘導され、健康被害が出ても泣き寝入りさせられることです。安易にWBCの検査を受けるなという医師がおられます。検査のタイミングや下限値を操作され、被曝はなかったと判定されれば、それが証拠となって、将来の健康被害にも国や自治体や東電の責任を問えなくなるからです。

最初からこのような責任回避と、核兵器開発の継続を目的に、エートスのような集団を巧みに操っているのが、ご指摘の国際原子力ロビーなのですね。

まさに悪魔の所業ですが、奢れる者久しからずで、いずれ天罰が下るでしょう。強大な帝国も崩壊するのが定め。原子力ムラなどわずか60年程度で、すでに行く末が見えています。いずれにしても、核の膨大なエネルギーを必要とする文明など、長く続けられるはずもなく、転換期が始まっているのかもしれません。
kokikokiya 2012/07/22 22:19  編集 URL

Re: 奢れる者

まさに、がじゅまるさんのおっしゃるとうりです。

すでに行く末が見えて崩壊が始まっているとは思いますが、決定打がまた3.11のような
悲劇がきっかけとなるかもしれないのが悲しいことです。
いつも庶民が犠牲となって方向が変わる。
人が死なないと動かない警察のようで悲しいことです。

福島のエートスは翻訳が多い、日本の状況も英文にして報告しているようです。

柴田裕樹 2012/07/24 05:37  編集 URL

No title

許せない!日本で今起きているなら言語道断だ!即刻排除すべし!
kokikokiya 2012/07/24 09:23  編集 URL

Re: No title

去年の7月ごろから進行中です。

結果、一定の勢力を拡大しているようで、被害者急増です。
非公開コメント

最新コメント